個人事業主として開業するには

個人事業主として開業するためにはどうしたら良い?

会社を設立する場合と違って、個人事業主として開業する場合には法人登記などのような面倒な手続きはありません。
ただし、開業に伴って提出しなければならない書類はあります。
まず、「個人事業の開廃業等届出書」という書類を税務署へ提出します。
この開業届は税務署に置いてありますし、ネット上からダウンロードすることも可能です。
開業届を出さなくても罰則などはありませんが、青色申告を行う場合にはこの開業届を提出しておく必要がありますので注意してください。
次に、開業に伴って取得した資産の減価償却を行う場合に、節税対策として、「定率法」を選択する場合には、「所得税の減価償却資産の償却方法の届出書」を税務署へ提出する必要があります。
この届出を行っていない場合には、自動的に減価償却は「定額法」となってしまいます。
また、税金面でかなり優遇されている青色申告を行う場合には、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署へ提出する必要があるのです。
この届出は開業してから2ヶ月以内、1月1日〜1月15日までに開業した場合には、その年の3月15日までに手続きを済ませなければならないと決められていますので、青色申告を行う予定の人は忘れないようにしましょう。
この他にも、家族を専従者にして給与を支払い、その金額を経費として計上したい場合には、「青色専従者給与に関する届出書」を税務署へ提出する必要があります。
このように、いろいろと節税効果のある届出もありますので面倒がらずに行っておくと良いでしょう。